グループ沿革

グループ沿革

 "Allianz Global Assistance" という名は、現在我々の新たなブランド名として掲げていますが、その裏には根幹であるお客様サポートに尽力した長い歴史があります。全ての始まりは、人々の間に旅行というものが大きく広まった1950年のスイスでした。ビジネスにおけるパイオニア集団が ”ELVIA Travel Insurance” を創設しました。その時から我々のお客様への献身の歴史は始まったのです。その24年後、1974年の終わりに "SACNAS-Mondial Assistance" がフランスで設立され、我々の事業は新たなレベルへと到達しました。SACNAS-Mondial Assistance は旅行保険やロードサイドサポート、医療保障、帰国支援などを含むお客様サポートビジネスと同時に発展しました。1979年にはAGFが Mondial Assistance の株主となりました。


1980年代と90年代、 ElviaとMondial Assistance はそれぞれ独立していました。その間20年、我々はパートナー企業様と共に歩んでいました。

営業地域が拡大するにつれ、初めにヨーロッパで発展し、そしてだんだんと他地域への広まっていきました。1995年には Elvia はドイツ系の "Allianz" の系列企業となりました。


2000年に Elvia Travel Insurance と SACNAS-Mondial Assistance 発展的合併を行い、 "Mondial Assistance Group" を設立しました。それまでの80年近い経験とノウハウがこの合併によって融合し、旅行保険とカスタマーサービスの分野で世界を牽引するまでとなりました。我々は2000年4月にアメリカの "World Access" を吸収し、その1年後オーストラリアで "Worldcare" と合併しました。

2006年に新たなブランドを立ち上げ、世界中で営業を開始しました。これは長期的な成長戦略の第一歩でした。この成長戦略はお客様とお客様の安心して暮らせる毎日への絶対的な献身への覚悟の表れと、文化の多様性への理解を示すものです。2007年は大変大きな転機となった1年でした。


2007年12月、フランスの4社(Mondial Assistance, France Secours, Elvia and SSC)が "Mondial Assistance" として合併し, 世界に唯一のブランドとなりました。これによりフランス国内での確固たる地位を確立することができました。そしてより国際的に発展していくため、メキシコとインドに事務所を開設しました。

さらにスイスの医療系コールセンター "Medvantis" を合併し、2007年にはロシアに事務所を登記し、2008年3月1日よりそこでの営業を開始しました。


2008年から2009年にかけては1つのブランド名のもと、5大陸28か国で営業を行っています。


2010年は2007年と並び、歴史に残る変革の時を迎え、もう一つ大きな転機となった年でした。それはブランド名を "Mondial Assistance" から "Allianz Global Assistance" という現在の名称に変更したことです。ご存じの通り "Mondial Assistance" は Allianzグループの中で10年以上に渡り成功を収めてきました。また我々のブランドの発展的変化は、お客様にご満足いただける品質を維持しつつ長期的な成功の歴史をかたどっていくための、大切な一歩でもあります。今日、我々は名実ともに "Allianz"グループの一員として戦略的成長の核を構成する必要不可欠な役割を担っています。しかしながら、我々の根本の指針である「of who we are」という原点は全く変わっておりません。”いつでも、どこでも、お客様をサポートする”ために我々は存在しています。お客様一人一人が、株主様が、スタッフが、我々の事業の存在理由そのものなのです。