お役立ち情報

当社アシスタンス・サービスへご連絡いただく様々なトラブルの中から、当社からのアドバイスで解決した例を掲載しております。

  1. 出先での車のトラブル!!その前にご確認を!
  2. キーが回らず、エンジンがかからない!
  3. シフトレバーが動かない!(AT車の場合)
  4. 車を停めて車外に出ようとしたら、キーが抜けない!(AT車の場合)
  5. バッテリーマークの警告灯が点灯している!
  6. 「ABS」というマークの警告灯が点灯している!
  7. 最近増えているトラブル

1. 出先での車のトラブル!!その前にご確認を!

自動車の任意保険、購入時のメーカー(販売店)保証、クレジットカード等の付帯サービスで、お客様が無料で利用できるロードサービスがあるのをご存知ですか?
それぞれのサービスにより適応条件が異なりますが、多くのサービスが存在しています。あらかじめお手持ちの契約書や各社ホームページをご確認ください。(当社ではロードサービスを行っている法人からの業務委託を受けアシスタンス・サービスを提供しております。)

2. キーが回らず、エンジンがかからない!

ハンドルロックがかかっている可能性があります。
ハンドルを動く方向に少しだけ動かし、しっかりと固定してその状態でキーを回してみてください。

3. シフトレバーが動かない!(AT車の場合)

ブレーキペダルを踏みながら操作していますか?
ブレーキペダルを踏みながら操作しても動かない場合は、シフトレバー付近にロック解除ボタンが装備されている場合がありますのでご確認ください。

4. 車を停めて車外に出ようとしたら、キーが抜けない!(AT車の場合)

シフトレバーは「P」の位置に合っていますか?
「P」の位置なのにキーが抜けない場合には、ブレーキペダル踏みながら、シフトレバーの「P」と「N」の位置を何度か往復させた後に、もう一度「P」に入れ直し、キーが抜けるか確認してみてください。 (※一度で復旧できなくても、何度かお試しください)

5. バッテリーマークの警告灯が点灯している!

バッテリーマークの警告灯は充電系統の異常を警告しています。
点灯した直後に異常がなくとも、バッテリーに充電されない状態ですので、バッテリーを使い切るとエンジンは停止いたします。走行中に点灯し、ノッキングやライトが暗くなってきたなどの症状が出てきた場合には、突然エンジンが停止しないうちに、安全な場所に停車していただくことをお勧めいたします。その後ロードサービスをご依頼ください。

6. 「ABS」というマークの警告灯が点灯している!

「ABS」とは、「アンチロック・ブレーキング・システム」の略で、急ブレーキ時にホイールがロックするのを回避するための安全装置です。「ABS」警告灯の点灯は、何らかの電気的な不具合が発生している際に、ABSの誤作動を避ける為に機能を停止している状態です。ご走行はできる状態ですが、急ブレーキを行った際に通常よりもホイールがロックしやすい状態ですので、車間距離を十分にお取りになりご走行ください。ディーラーや修理工場での早期点検をお勧めいたします。

7. 最近増えているトラブル

携帯しているだけで、ドアの施錠、開錠ができるキーレスエントリーシステム搭載車が増えています。
大変便利なのですが、「車のエンジンを始動させたあと、キーレスシステムを置いてきてしまった。」、「山中などで突然電池が切れてしまいドアが開かない。」などのお問い合わせが増えています。万一に備え、通常のキーも一緒に携帯されることをお勧めいたします。

※上記事例について

本内容は当社に寄せられる色々なトラブルの事例です。すべてのトラブルの解決を保証するものではないため、上記トラブル解決策を実行される場合はお客様ご自身の判断でお試しくださいますようお願いいたします。解決しない場合は早めにメーカーもしくはお近くの販売店様にご相談いただきますようお願い申し上げます。